インプラントコンセプト

痛みを軽減するには、短期間で、丁寧に。

当法人の運営クリニックでは,毎週インプラントの手術を行っており,年間500件以上手術しております。多くの患者さんはインプラント手術を初めて体験する方が多く、緊張と恐怖を感じられる方が多いです。
治療後には「思ったよりも大変でなかった」と言われる方がほとんどで、治療を受けた方の90%の方が「ほとんど痛みを感じなかった」残りのほとんどの方が「少々痛みを感じた」程度です。ただ,「痛い」といわれる方もいますし,痛くて中断する場合もあります。もちろん個人差もあり絶対に「痛み」がゼロということはありません。また(1度に3本までの方)80%以上の方が翌日ほとんど腫れておりません。4本以上になると70%の方が腫れます。
平均手術時間は1本で20分弱,2本で30分弱,5本で1時間程度が目安です。(平成18-21年度医療法人社団 日坂会データ)手術の時間が短い方がダメージも少なくよいです。それよりも,丁寧に安全に行なうかが重要です。それで早ければなお良いという事です。

インプラントが最善ではありません。患者様に喜んでもらえる治療が最善と考えます。

 現在におけるインプラント治療はそれほど特殊な治療ではないと考えています。ブリッジや入れ歯に置き換わる最新の治療であるインプラント治療は、患者さんの満足度が大きく、ブリッジや入れ歯のように他の天然歯を壊す原因にならず,トラブルが少なく患者さんにお勧めできます。もちろん,ブリッジや,入れ歯の方が優れている症例もありますし,100%適しているとは限りません。メリット,デメリットを詳しく説明し,どのように治療していくかは患者さんの希望通りに計画を立てていきます。


そして,要望通りの治療が完成して,満足していただける事が「喜ばれる治療」と認識しております。

可能な限り天然の歯は抜きません。

また、インプラント治療と言うのは抜歯した場所に対する治療であって、歯を抜いてインプラントをするなんて方式はありません。(歯周病や歯牙破折などで抜いたほうがよいと言う場合を除いて)いくらインプラントといっても人造物であり天然の歯にはかなわないからです。当クリニックでは、可能な限り歯は抜かないように治療しております。


ただし,人間には,個人差というものがあり,お酒での酔っ払い具合や,日焼けの色,注射の痛みの程度…すべて均一ではありません。
同じ骨の再生手術をしても,出来る骨の量はまったく違いますし,インプラントも骨とうまくつかないケースだってあります。だいたい,1-2%程度で,くっつかないケースがあります。そういった方もお手数ですが再度治療しきちんとかめるように出来る技術があります。

安全のための最善の努力をいたします。

手術前に詳しくお話しておりますが,同じように手術である以上,リスクだっていろいろとあります。ただし,きちんと検査(術前の骨の硬さの検査や,神経までの距離の計算等)を行って,無理のない治療計画と,期間を頂ければまったく問題ありません。そのために,提携内科(ケースに応じて対診を必ず行ないます,提携先があり専用に診察していただいております。)と相談し密接に連絡を取り合います。


当法人で診療をされる場合,患者さんに期間を頂きたいとお願いしております。早く診療が終わる事はいいことですが,「より安全で,確実に」というのがコンセプトであることと,大事なお体の一部に治療いたしますので,「大丈夫であろう?」「論文等で書いてあった?」など許されません。
確実に検査して,慎重に治療したいというのが唯一の願いです。「安全・健康」の上に「歯科治療」は成り立っているのではないでしょうか?


この治療に大事なことは「安全」であると考えます。
それが,われわれのコンセプトです。

平成20年10月19日
医療法人社団 日坂会 理事長
 

Copyright© 2008 hisaka Dental Clinic. All rights reserved.